ママノマイル

ANAマイラーママ + SFCパパ = 毎月家族旅行

妊婦の海外旅行保険って?(前編)【妊婦の海外旅行】

妊娠中の海外旅行保険、自分自身が調べた事や加入した経験を記録したいと思います。

 

普段元気でも、妊娠中は急な体調変化が心配。旅先で病院に行く可能性もグンと上がります。
そんな時に頼りになるのが海外旅行保険。
でも、自分が入ろうと思って調べても、アフェリエイトっぽいページばかりで今ひとつ信頼度に欠けたのが正直な感想。

ご参考の一つとして、記録しておきたいと思います。

※長くなったので2回に分けました

 

 

妊娠中の旅行(特に海外)。

賛否両論あると思いますが、出産後はいろいろ忙しくなること必至なので、生まれる前に行っておきたい方も多いかと思います。
実際、昨春に行った沖縄の離島小浜島のホテルプールでも、大きなお腹を抱えたママさんを何人も見かけました(私はその時妊娠初期でした)。

 

私自身、1人目の時は妊娠4ヶ月 にニューヨークへ、2人目の時も初期に沖縄へ飛び、その後も6ヶ月(23週)と7ヶ月(26週)に海外旅行を予約しました。

 


1.ANA
オリジナルマタニティマーク

f:id:mamamile:20170403095038j:image
実はANAのカウンターでは、オリジナルのマタニティマークを貰うことができます。
私の場合、カバンに普通のマタニティマークを付けてプレミアムチェックインカウンターにいたら(当時パパSFC修行中)、スタッフさんの方から差し出して下さってその存在を知りました。
マタニティマークにANAの機体が飛んでいる、飛行機好きにはたまらないデザイン。
ご存知ない妊婦さん(or旦那様)がいらっしゃったら、ぜひカウンターで聞いてみてください。頂けると思います。


同封の紙に妊婦さんへの注意書きのような事も書いてあったので、サービスというより本音は注意喚起なのかもしれません。

 

2.そもそも妊婦は海外旅行保険に入れるのか

結論から言うと、入れます。
妊娠中のいつであっても保険に入ることはできます。
ただ、入っていても、妊娠に起因する通院(破水したり産気づいたりはもちろん、お腹が張って痛過ぎるとか不正出血だとか原因はいろいろ想定できます)はほとんどの保険で適用外、つまり補償されません。すなわち自腹。
普段は読む気の起こらないあの小さな小さな字でビッシリ書かれた約款に書いてあります(1人目の時に、目を皿のようにして読みました)。

 

海外の病院で自腹
ハワイで出産したら11千万円かかったとか、恐ろしいニュースを目にする昨今、とても受け入れられる現実ではありません。

それゆえ、妊娠に起因する通院も補償される保険をしっかり探して、納得の上加入することが必要となります。

 

www.mo-hawaii.com

3.妊娠21週(6ヶ月半ば)まで

f:id:mamamile:20170403095544j:plain

a.21週と22週で大きな壁

妊娠21週と22週、妊婦本人は特に何か変化を感じることはないのですが、医学的には区切りがあるようです(専門ではないのですみません。少し聞いたことには、22週を過ぎると赤ちゃんは体外に出ても生存できる可能性が生じるという事でした。)。

赤ちゃんが予定より早く体外に出てきてしまう事態も21週までは「流産」、22週を過ぎると「早産」と呼称が変わります。

 

それに関連するのだと思うのですが、海外旅行保険的にもここに大きな壁が。
旅行が21週までであれば、日本の保険会社でも妊娠に起因する通院が補償される保険がいくつかあります。

 

b.21週までは日本の保険会社へ


5年前、1人目妊娠中にNY旅行した際は、いろいろ探しまくって、たしか東京海上日動の海外旅行保険に妊婦特約のようなものを付けて加入した覚えがあります。(証書が無くなって詳細わからず。)
パパの入った、そんな特約の無い他社の保険よりだいぶ割高だったことも覚えています。

が、背に腹は代えられないですよね。
当時は妊娠15週、幸い旅行中も特に問題なく過ごすことができました。

 

現時点で妊娠に起因する通院が補償される保険を検索してみると、東京海上ではなく、
AIU


Q.妊娠・出産に関わる補償はありますか?
A .保険期間が31日までの契約に限り、妊娠初期の異常(妊娠満22週以後の発生を除く)により医師の治療を開始した場合は補償の対象となります。

http://www.i-port.co.jp/qa.htmlより


t@biho

Q:現在妊娠していますが、契約できますか?

A:はい、ご契約いただけます。
「t@bihoたびほ」では妊娠・出産・早産・流産およびこれらに基づく病気が原因により生じた治療費用等はお支払いの対象になりませんのでご注意ください。なお、治療・救援費用の補償にご加入の場合、妊娠初期の症状に対する保険金支払責任の変更に関する特約がセットされ、責任期間中に発生した妊娠初期の異常により医師の治療を開始した場合はお支払いの対象となります。詳細は保険約款によります。

https://smh.tabiho.jp/tabiho-sp/overseas/faq/01.htmlより

※上記のリンクは特定の代理店のホームページの可能性も高いので(特にAIUは代理店だと思います)、実際ご契約の際は、ご自身で信頼できる代理店とご契約くださいね。

なおアフェリエイトリンクではありません。

 

2つがよく出てきます。
どちらも「31日以内の旅行」であったり「特定の特約が付いている保険に限り」など条件があるので十分な確認は必要です。

実際加入の際は、面倒がらずにお問い合わせする事をお勧めします!

 

22週目以降の海外旅行については次回に続きます。

 

新米ですが、ランキングに参加してみました。
どうぞよろしくお願い致します。
 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

 

www.mamamile.com

www.mamamile.com